三日月

今夜も美しい輝く三日月が西の空に。

昨夜は少し黄みがかった三日月が出ていました。
私の好きな作家さん、藤田宜永さん。
私の名前を先生の小説に使ってほしくてお願いしたら、「いつかは恋を」という小説の中で使ってくださいました。

その中に「右の肩越しに三日月を見ると運が開ける」という一文があり、実際に右の肩越しに月を見ていました。

本当に運が開けるかどうかは定かではありませんし、先生にもお聞きしたことはありませんが、夜空に三日月が見えるたび思い出します。