佐久・軽井沢のエッセイを読む

本のバーゲンで「著名人がつづった名随筆・名紀行集Ⅱ 佐久・軽井沢」が並んでいました。手に取り見ると、小池真理子さんと藤田宜永さんのお名前が。定価2400円が半額で売られていたこともあり、内容を見ずに買いました。

まず目を通したのはお二人のエッセイから。
藤田先生は「変りゆく軽井沢」と題して、軽井沢に新幹線が通る前のこと、真理子先生は「クマは走る」と題して、自宅でクマを目撃したときのことを書かれています。

他の作家さんらのエッセイも読み始めていますが、なかなか面白い。
巻末の解説も一作品ごとに丁寧に書かれています。

タイトルが「軽井沢・佐久」でないのでしょう?収録数は軽井沢に関するエッセイが一番多いのに・・・。
その他、御代田・小諸のエッセイも収録されています。