町の植物園

ジーロ・デ・軽井沢が終わった翌日。
立てかけた看板の撤収にスペシャルテストの森へ。
エゾハルゼミが賑やかに鳴いています。
季節はすっかり初夏へ。

軽バンでも窓全開が気持ちよく、わざわざ遠回りして湯川ダムへ出て、国道を通らず県道を走り、塩沢エリアへ。
タリアセン内でも散策しようかなと思いましたが、入園料を払うのもばからしい。
Uターンして町の植物園へ行きました。


チョウジソウ、クロバナロウバイ、ヤマボウシ、テマリカンボク。


クリンソウ、アサザ、名前わかりません、スイレン。
スイレンは植物園で始めて見ました。


サラサドウダン、ベニドウダン。
ハクウンボクはまだ咲いていませんでした。
受付で職員さんにアサマキスゲが咲いていた、と言っていたご婦人。
見つけようと思ったけど見つからなかった。
どこに咲いていたのだろう。