白馬から松本へ*旧開智学校

旅の後半は私の運転で大町市へ。大町でお昼を食べようと予定していました。美麻地区新行は特に蕎麦が美味しいとのこと。
数軒ある蕎麦屋さんの中から古家荘に入りました。時間はすでに1時半を回っていました。もともと民宿なのでしょうね、靴を脱いで店内へ。大広間が食事処となっていました。

通されるとすぐに自家製かな?3種類のお漬物が出されます。お茶はセルフで。天ぷらを食べたかったのですが品切れでした。そばがきを一つ頼んで、なめこおろし蕎麦を注文。細くてツルっとし、美味しいお蕎麦でした。そばがきもツルンと美味、大盛りは食べられないけど、もっと食べたくなる蕎麦でした。

おしゃべりに夢中で、のんびりし過ぎてしまい、お客様はみな帰られたようでした。時間も時間なので松本に急ぎ、国宝となっている旧開智学校を見学しました。

地元の大工さんが設計した学校建築で、洋風とも和風ともいえない建物。明治時代のレトロなすてきな校舎です。今年の9月に国宝に指定されたばかり。

館内には教育の資料や、建築に関しての資料、古い写真や当時の子供たちが描いた絵なども展示されています。
真ん中が車寄せ、左右は窓の数で非対称となっているのがわかります。
閉館間際でしたので慌ただしく見学。出る頃には陽もだいぶ傾いてきましたが、松本城にも寄っていくことにしました。