梅仕事

梅の雨と書いて梅雨。
この時期に雨が降ることによって、梅の実も膨らんで大きくなると聞いたけど、
今年は雨が少ないので、実も小さめなのでしょうか?

第一弾は梅シロップを作りました。
梅を一度冷凍させてから漬けると、梅のエキスが出やすいと聞いてからは、その方法で作っています。今回も三温糖を使いました。

第二弾は甘露煮と砂糖漬け。
甘露煮はふっくら、砂糖漬けはカリカリとおいしくできました。

そして第三弾は黄色く熟すのを待って梅ジャムに。爽やかな甘い梅の香りを嗅ぎながらの1週間でした。ヨーグルトにもぴったりです。


全部で10キロ近い梅を買ったことになります。梅の木が1本欲しいなぁ(笑)。

佐久・軽井沢のエッセイを読む

本のバーゲンで「著名人がつづった名随筆・名紀行集Ⅱ 佐久・軽井沢」が並んでいました。手に取り見ると、小池真理子さんと藤田宜永さんのお名前が。定価2400円が半額で売られていたこともあり、内容を見ずに買いました。

まず目を通したのはお二人のエッセイから。
藤田先生は「変りゆく軽井沢」と題して、軽井沢に新幹線が通る前のこと、真理子先生は「クマは走る」と題して、自宅でクマを目撃したときのことを書かれています。

他の作家さんらのエッセイも読み始めていますが、なかなか面白い。
巻末の解説も一作品ごとに丁寧に書かれています。

タイトルが「軽井沢・佐久」でないのでしょう?収録数は軽井沢に関するエッセイが一番多いのに・・・。
その他、御代田・小諸のエッセイも収録されています。

出産ラッシュ

5月に迎え入れたメダカ、ひとつだけ卵を発見して別の容器に入れておいたところ、いつの間にか孵化していました。その後もせっせとホテイアオイの根っこを確認しているけど、残念ながら卵が見つかりません。
同じ鉢の中にいるミナミヌマエビは大きなお腹の母エビが、重そうな体で泳いでいます。

昨年とは別の場所に、壊れかけた巣を補修して卵を産んだツバメ。卵の殻が落ちていて5日ほど前から親が巣のふちに止まるようになったので観察していると、どうやら雛が孵ったようです。今は交代でせっせと餌を運んでいます。

口に入れてあげる様子がかわいらしい。近くでカメラを向けると飛んでいってしまうので、望遠レンズで少し遠目から。写真で確認すると5つの口が見えました。

 

焼きたてパン Praline

高崎や前橋に行った際にいつも気になっていたパン屋さん。イオンの通りにあるといえばわかりやすいかな、朝の7時半より営業していると知り、先週の高崎帰りに寄ってみました。

見覚えあるような建物だと思っていたら、これまたいつも通る道沿いにあるお店とデザインが同じ。OPENのフォントも私のお気に入りのTempus Sans ITCじゃないですか!

入口の正面がレジコーナーになっていて、右手にパンがずらーり。
何種類あるのかな?左手にはカウンターと4人がけテーブル席のイートインコーナー。
ちょうどサンドイッチ類のケータリング、もしくは前橋すずらん店の分なのでしょうか、スタッフさん忙しそうにカウンターやテーブル席にて詰めておりましたが、私が店内で食べたい旨を伝えると、テーブル席をどかしてくれました。
すみません・・・。

目移りするほどの種類の中から、クロワッサン生地にソーセージを挟んだものとカマンベールチーズのパンをアイスコーヒーと一緒にいただきました。
次回は塩バターロールとカレーパン、サンドイッチも食べたいな。

11月には軽井沢にもオープンされるそうなので楽しみです。

 

レイクガーデンの宿根草

軽井沢レイクガーデンには、バラ以外にも四季折々の草花や樹木が植えられています。


可憐な草花たち。
公式Facebookで紹介してくださってるけど、なかなか名前まで覚えられません。


昨年見た、青いひなげしには気付かなく残念。
広いガーデン内、お手入れが行き届いていて気持ちの良い空間です。