千ヶ滝温泉

数日振りの陽射し、暑くなりました。
夜は「千ヶ滝温泉」へ。昔はこの場所に軽井沢スケートセンターやボーリング場やホテルもあって、スケートセンターでは大きな大会も開かれていたし、夏冬ともにアイドルショーが盛大に開催されていた時代もありました。
今は温泉施設だけがぽつんと営業しています。


中に入ると家族連れが多く、そこそこ賑やかでしたが露天は貸切りで入れました。

縦長のロックのかかるロッカー、空いているときは隣とぶつからずいいのですが、混雑していると狭く感じるので△
シャワーブースが仕切られているので、隣を気にせずにシャワーが使えるのが◎
そして使用しているシャンプーやボディーソープが、町内の自然派化粧品アバローチのもので◎
私も実際に使っていますが、とってもいいです。特に乳液は優れもの、少量でいいので1年たっぷり使えます(笑)
洗い場に鏡がないので不便なのが△
ドライヤーが新しくなって◎

今日まで町民利用で500円でした。

7月下旬の覚書き

今年は雨が少ないので、プランターの花たちは色鮮やかです。
黄色いマーガレットは花盛り。少し色があせると咲き終わらないうちに すぐに花を切ってしまいます。

母の日に、けんちゃんに贈ってもらったカーネーションの鉢植え。今年は枝をすっきりさせておいたところ、再び大きな花が咲いています。毎年枯らしてしまっていたので、凄くうれしい。
ツルヤでいただいたピンクのアジサイ、やっと咲きました。
商工会のプランターに植えてあるペチュニアのさくらさくら。咲き終わった花を触ると手がべとつくのが苦手です。雨が少ないので花は旺盛、少し切り戻しをして、切った花は室内へ。

コーネリアの二番花。春よりたくさんの花が咲いています。淡いピンクがお気に入り。
グリーンローズも春の時には虫に蕾をかじられてしまい、花が咲きませんでした。地味だけど、晩秋まで咲き続け、気温が下がると赤みを帯びてきます。
ミニバラのグリーンアイス、グリーンがかったり、ピンクがかったり、花色の変化も楽しめます。
真紅のバラも春よりたくさん咲いていますね。

シャーベットオレンジのバラはこの時期になってやっと咲きそう。枯れちゃったのかとあきらめていたのでした。
サーモンピンクのオレンジマザーズデーもコロンとしたカップ咲きがかわいらしい。これも春より花が多いですね。
マイクロミニバラのミサキ、挿し木で増やしたものも、元の花も途切れることなく花が咲き続けています。

雨が少ないと 花にとって いいこともありますね。

 

 

 

たんさゐぼう

今日は群馬へ。陽射しはないけど湿度100%?蒸し暑かった~(バテバテ)

お昼は群馬大学病院近くの坦坦麺の専門店、
たんさゐぼうへ。
伺うのは3度目ですが、最初は夏季限定の冷やし坦坦麺を食べたのでした

今日は暑いけど、どうしようかな?冷たいのもさっぱりスープでおいしかったけど、基本の熱い坦坦麺にしました。おもいっきりピントが合っていませんが・・・
クリーミーなスープとツルッとした細麺。

そんなに辛くないのですが、顔中 汗だく。
冷たい麦茶もおいしいです。ごちそうさまでした。

 

白メダカ

元気で泳いでいたヒメダカが1匹だけに(泣)鉢の中を救ってみたけれど、死んでいる個体が見つからず、残った1匹が共食いしたとも考えられず・・・。

昨年産まれ、室内鉢で大きくなったヒメダカを1匹外鉢に移動し、新たに白メダカを迎え入れました。

少し緑がかった水に白メダカが映えますね。大きくなって卵を産んで欲しいなぁ・・・。

水辺の音楽会@ハルニレテラス

梅雨戻りの一日。降ったり止んだり、しとしとしとしと・・・。今夜は星野エリア・ハルニレテラスでの水辺の音楽会へ。
長野を中心に活動されているKuravon et Pompe Club de Gadjo(クラボン・エ・ポンプ・クラブ・デュ・ガッジョ)の奏でる音楽は、ミュゼットと呼ばれるパリの下町で発展したアコーディオンを中心とした小粋な音楽です。

会場となったのは木々に囲まれた屋外のデッキ。ホテルブレストンコートでのバレンタインラウンジ演奏に続いて、彼等の演奏を聞くのは2度目となりますが、雨天の場合には中止とお聞きしていたので少しヤキモキ。

40分ほどの音楽会にはバレンタインのときにも演奏してくださった♪ジーロ・デ・軽井沢♪のスィングやシャンソンのナンバーも。レストランのデッキ席ではお酒や食事をしながら演奏を聞かれている方もいて、まさにそういう雰囲気がとても似合う曲ばかり。

夏の喧騒を前に、洒落た演奏を愉しめた夜でした。