11月は白菜消費月間

川上村で家業の農家を継いでいる、けんちゃんの友だちから大量の白菜をいただきました。全部で30個以上あったかな?

ご近所さんや知人に配り歩き、残りは我が家でいただきましょう。新聞紙に包んで段ボールに縦に置いて保存します。

ミルフィーユ鍋、刻んで冷凍した白菜で漬物風、白菜サラダ、麻婆白菜、クリーム煮、ロール白菜、もちろん白菜漬けにも。鍋物にもたっぷり入れていただいています。

番外編*金沢で食べた美味しいゴハン

金沢ではおいしいものをたくさんいただきました。初日の夜はインター降りてから夜食代わりのラーメンを、翌日は地元のお寿司屋さんで、最後の日の朝は近江町市場で朝から営業している回転寿司を。


そうそう、金粉のかかった抹茶ソフトも食べました。味は普通だったけど(笑)

夜の金沢*金沢駅

金沢に来て見たかったものの一つが北陸新幹線の開業に合わせてリニューアルした金沢駅でした。世界で最も美しい駅にも選ばれています。


近くで見ると圧巻の鼓門、そしてガラスのアーチが巨大なオブジェと化しています。ここも多くの方が写真を撮っていました。伝統を重んじ、かつ都会的な不思議な街、金沢のおもてなしの玄関口でした。

金沢散策その3*21世紀美術館

兼六園を出てから金沢21世紀美術館へ。市の中心部にあり、丸くて白い建物が特徴的、そしてどこからでも園内に入れる開放的な美術館です。

平日でしたが混雑していて、チケットを買うまで20分くらい並び待ちました。全館を見る事はできなかったので半分のエリアだけ見学しました。
あとでわかったのですが、無料エリアだけでも十分に楽しめるスポットでした。

カラー・アクティヴィティ・ハウスはガラスの重なりや光、角度などで様々な景色や色が楽しめる不思議な空間。ここで人間を観察するのも面白いし、もちろん建物や風景もいつもとは違って見えます。


有名なスイミングプールは透明のガラスの上に深さ約10センチの水が張られていて、ガラスの下は水色の空間となっています。プールの上からは水の中に人がいるように見え、プールの中からは、見たことない地上(と言えばいいのかな?)を見ることができます。視覚と錯覚、こちらもフォトスポットですね。

そろそろ今回の金沢での本当の目的、引越し作業を手伝いに行ってきます。

金沢散策その2*兼六園

金沢城から石川橋を渡って兼六園へ。金沢への旅行者が必ず訪れる場所ですね。四季折々の見所がいっぱいのすばらしい庭園です。
この時期は冬の名物ともいえる雪吊りが施されていました。

写真に撮りたいスポットばかり。霞池に映る松と雪吊りが見事でした。


紅葉のライトアップや、雪景色もすばらしいのでしょうが、また次回のお楽しみにしたいと思います。続いて21世紀美術館も周ります。

金沢散策その1*金沢城公園

金沢での半日観光で、一番最初に向ったのが金沢城公園です。この公園自体の入園料は無料なんですね。
園内はとても広く、紅葉の下で写真を撮ったり、多くの方が散策されていました。お城自体は残っていませんが、金沢城の雰囲気は存分に感じられます。

再現された玉泉院丸庭園は池の周りを緑が囲み、3つの浮島と5つの橋で繋がっています。ここでお茶もいただけるようですが、あまりゆっくりはできないので先を急ぎます。

金沢城は明治から昭和にかけて旧陸軍の所管だったために軍用施設があったそうですが、散策中に現れる煉瓦のトンネル。弾薬庫の倉庫への通路とのことです。戦争遺産ですね。


裏手にあたる石川門、右手と左手で石の積み方が違います。他にも多種多様な石垣が現存していて、それを見て歩くのも楽しいかもしれません。
駆け足で金沢城から兼六園へ。

金沢へ

友人の家具の引越し&移動のお手伝いで金沢へ。今回の相棒はアルミバントラック。
午後6時に軽井沢を出発、金沢までは320キロの行程です。途中運転交代、トイレ休憩、夜食を取りながら10時半に金沢駅に程近いホテルに到着しました。


翌日は午後からの作業でしたので、午前中はホテルをチェックアウトし、半日観光することにしました。
(続く)

おめでとう*J2優勝そして J1昇格へ

試合では選手入場するタイミングで アルウィンを緑に、マッチデープログラム掲げてのコレオグラフィーを作ることになっています。何の文字が浮かび上がるのかな?とプログラムを掲げながらも見ると「登頂」J1という文字も見えます。

いよいよ運命の90分。

試合見ながら 時折りカメラを構えて写真を撮ってました。
もちろん声張り上げて 「はゆまー、はゆまー」チャントも歌い、手を叩き、試合を見守ります。


あいきくんが優勝争いを展開してる他のチームの試合状況をネットで確認すると、大分が先制してるとのこと、山雅も1点を取らないとかなりヤバイ。

その後 大分も追いつかれたようで、後半残り時間が迫ってくると会場内も ざわつき始めました。

結果はスコアレスドローでしたが、山雅の選手、関係者がピッチになだれ込み、電光掲示板にチャンピオンの映像が。

待ちにまった瞬間!この歓喜の瞬間を味わえたのは本当に感激。

優勝セレモニーそしてシャーレを掲げる選手たち、恥ずかしそうに反さん監督、社長と続きます。

選手たちがシーズンを終え感謝で場内を一周したのちの、勝利のアルプス一万尺、勝利の街、これも覚えたから絶対に歌いたかった。

帰りのシャトルバス内も明るく、松本市街地方面は駐車場から出られないほど激混みなので、塩尻方面から岡谷経由、新和田トンネル有料道路を使い帰りました。

夜は あいきくんと写真や動画を共有して DAZNでハイライトを見て余韻に浸ってました。何度見ても感動します。

隼ちゃんと親しい知人から電話があり、彼からも喜びの電話がかかってきたこと、話しの中で、先日の栃木戦の映像の中で 「隼磨、隼磨」と叫ぶ あいきを見つけてくれたこと、またアルウィンでの応援ありがとうございます、と言ってくれたそうです。
彼にはJ1の舞台でも活躍し、いつまでも現役を続けてほしいと願っています。

共に戦う*頂へ

明治安田生命J2リーグ第42節・ 松本山雅FC VS 徳島ヴォルティスの試合を見に行きました。もちろん応援するのは山雅、そして田中隼磨選手。

数ヶ月前から最終節は絶対に行く!と決めてました。もちろん山雅推し・隼磨推しのあいきくんも、この日のために帰省していて一緒にね。(チケットはプレゼントしてくれました)

あいきくんが用意してくれた選手ユニとタオルマフラー持って7時半に家を出発。丸子から三才山有料道路経由で松本入りしました。松本市内のセブンイレブンで限定の松本山雅応援シュークリーム(わさび入りクリーム)を買い、いざサンプロアルウィンへ。


芝生広場の駐車場にクルマを駐めて、シャトルバスに乗り込みます。
会場へは10時少しまわったくらいに到着しましたが、すでに大行列。12時の開場まで時間たっぷり、シート代わりの新聞紙広げて、持っていったサンドイッチやおにぎりを食べちゃお。
あいきくんは落ち着かないのか周辺をウロウロ。ミントフレーバーの緑色した山雅ビールを買ってきてくれました。

行列はさらに伸び続け、シャトルバスの駐車場のほうまで続いています。チケットは完売とのことですが、2万人達成できるかな?

11時半の先行入場のあと、一般入場です。あいきくんがダッシュで席の確保に動きましたが、座りたいエリアに席がなく、準ガチ応援席に。

撮影用のヘリコプターも飛び始め、スタジアムの緊張感も、そしてわくわく感も増してきます。あ、レンズ装着しなくちゃ。

試合前の練習で選手がピッチに登場すると、みんな総立ちでチャントを歌います。私もYouTubeで覚えましたよ。すでにサポーターのボルテージは最高潮といった感じ、優勝と昇格がかかった大事な一戦、緊張しますね。

続きます。

手作りPizza

たまに無性に食べたくなる、チーズたっぷりのピザ。手捏ねで生地を作り、ピザのお夕飯。強力粉400グラムで1枚あたり約170グラム、4枚のピザを焼きました。


*味噌マヨネーズソース+野沢菜+えのき
*明太子マヨバター+カニカマ
*海苔佃煮+ねぎしらす
*トマトソース+チョリソー
どれも家人に好評で・・・和風ピザのバリエーション増やしたいな。