花*群馬から連れてきた春

先日は車検で前橋まで。通るたびに気になっていた花屋さんが開いていたので、寄ってみました。春から秋には駐車場にたくさんの車が駐まっているので、安いんだろうな、と想像も・・・。

切り花や、鉢植え、ポット苗。たぶん半値くらいです。外植えの花もたくさん売られていたけれど、軽井沢じゃまだまだ植えることもできませんものね。
委託品のハーバリウムなども売っていましたが、こちらも市場価格よりだいぶお安い。

室内でも飾れるクリスマスローズとミニ水仙、切り花も3種購入。全部で1800円だったかな。

帰り道の山中で早咲きの桜が咲いていました。

梅開く*偕楽園

途中までラリー見学した後、せっかく茨城まで来たのだから、水戸の偕楽園へ寄る事にしました。日曜日なので混雑覚悟、iPadアプリのYahoo!カーナビでルート検索。
偕楽園近くの公園を案内され、運よく1台分のスペースも空いていて、そこに駐車できました。
歩いても数分、しかも無料のようです。偕楽園の駐車場はもちろん有料ですし、駐車場待ちの長い車列ができていました。

園内自体の入園料はかからないようです。梅まつりは始まっていましたが、花自体は712本の開花で2部咲き程度とのことです。屋台の並ぶ間をぬって東門へ。

天候もよく、梅の香りに誘われて・・・園内は大勢の方でにぎわっていました。華やかさはないけれど、可憐な花に心奪われ、咲いている花をひとつひとつ見て歩きました。

梅林を抜けて、眺望が楽しめる好文亭に行ってみました。
手入れされた庭はもちろん、各部屋の襖絵や漆塗りの大広間、急な階段を上った3階からの景色も最高でした。

家臣や領民も楽しめるようにと造った庭園、日本遺産にも認定されているそうです。急ぎ足でしたので竹林や千波湖などが見れなくて残念でしたが、散策するだけでも楽しめる庭園でした。

春の海*那珂湊おさかな市場

ラリーのスタートを見送った後は、地元のTさんに教えてもらった那珂湊おさかな市場へ。震災前には行ったことがあった水産市場、やはりここも津波の被害があったのですよね。

那珂湊漁港や近郊の漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚や、加工品、飲食店が並びます。見て歩くのも楽しいし、お醤油の香ばしい匂いに釣られての食べ歩きも楽しそう。

海を見ながらの串焼きにかぶりつく(笑)。うまっ!

朝ごはんもろくに食べていなかったので、早めのお昼ご飯を食べることに。丼ものの食堂と迷いましたが、回転すし屋へ。少し待って入店できました。
流れてくるお皿を見ながら、あれもこれもと取ってしまいそう。
目は食べたいけど、そうそう食べられるものでもないし、ふぅ満足。

ここでお土産に買って行きたい魚や貝がたくさんあったけど、なんでSMARTで来ちゃったかな、後悔・・・。

春めく*早春のラリー見学

5時出発で茨城県のひたちなか市へ。軽井沢からひたちなか市へは高速道路が繋がっているので、250キロほど、3時間かからないで行くことができます。MCC SMARTで久しぶりの遠出。2ヶ月ほど乗らなかったらバッテリーが上がり気味、念のためNOCOのバッテリーチャージャー積んで出かけます。

津波から復興した、ひたちなか海岸道路を走る復興支援のイベント、「プロスペクトアベニュークラッシック2019」の見学です。
今回で9回目とのこと、地元ご近所さんや子どもさんたちも楽しみにしているようです。

8時頃に到着、9時半のスタートまで知り合いと話したり、写真を撮って待ちました。
1分おきにスタートしていきます。
ジーロ・デ・軽井沢でも常連さんのIさんやTさんら。いつもはTさんのナビのIさんはご自分の愛車で参加されていました。後部のゼッケンステッカー、見逃しませんでしたよ(嬉)。

スタートを見送った後は、海岸沿いマリンプールの駐車場で見学することにして、近くの那珂湊おさかな市場へ行って時間つぶし。
戻ってきてほどなくすると参加車両が駐車場へとやってきました。

パイロンで作られた120mのコースを、Ave10.8km/hで走るよう指示が出ています。みんな真剣!ハンドルの切れない車両もいて、切り替えしたり。
海沿いを走るルートもあるそうで、今日は気持ちよく晴れて楽しいでしょうね。
参加者のみなさま、お疲れさまでした。

安中園*閉店

久しぶりに伺った安中園。定休日でもないのに灯りが消えてる・・・。電話をすると「現在使われておりません」とのアナウンス。
それでも不思議に思い、Googleで検索すると【安中園】と入力したらサジェストキーワードというのかな?【安中園 閉店】と出てくるではありませんか!

お隣にあるクリーニング屋さんが開いていたので、ずうずうしくも中に入って訊いてみました。昨年の9月に閉店したこと、調理を担当していたご主人の体調のこと、奥さんや娘さんも手伝ってはいたけど味付けなど一切教えていなかったので店が続けられなくなったことなどなど、嫌な顔一つせず教えてくださいました。

「もー頭の中は焼肉モードだよ!」ということで、少し遠くなるけど高崎にあるホルモンぐぅまでクルマを走らせました。

ホルモン盛り合わせ、カルビ、レバー、鳥もも、などの焼き物のほか、チョレギサラダ、納豆チゲ、野菜スープなどをいただきました。

あのギシギシ言う店内や少し斜めになっているカウンター、機能しているかどうか不明な大きな換気扇とエアコン、薄くなって読めないメニュー、思い出したらキリがない。ユッケやレバ刺しが食べられるようになったのも、このお店でした。それにしても安中園の閉店は残念です。