7月下旬の覚書き

今年は雨が少ないので、プランターの花たちは色鮮やかです。
黄色いマーガレットは花盛り。少し色があせると咲き終わらないうちに すぐに花を切ってしまいます。

母の日に、けんちゃんに贈ってもらったカーネーションの鉢植え。今年は枝をすっきりさせておいたところ、再び大きな花が咲いています。毎年枯らしてしまっていたので、凄くうれしい。
ツルヤでいただいたピンクのアジサイ、やっと咲きました。
商工会のプランターに植えてあるペチュニアのさくらさくら。咲き終わった花を触ると手がべとつくのが苦手です。雨が少ないので花は旺盛、少し切り戻しをして、切った花は室内へ。

コーネリアの二番花。春よりたくさんの花が咲いています。淡いピンクがお気に入り。
グリーンローズも春の時には虫に蕾をかじられてしまい、花が咲きませんでした。地味だけど、晩秋まで咲き続け、気温が下がると赤みを帯びてきます。
ミニバラのグリーンアイス、グリーンがかったり、ピンクがかったり、花色の変化も楽しめます。
真紅のバラも春よりたくさん咲いていますね。

シャーベットオレンジのバラはこの時期になってやっと咲きそう。枯れちゃったのかとあきらめていたのでした。
サーモンピンクのオレンジマザーズデーもコロンとしたカップ咲きがかわいらしい。これも春より花が多いですね。
マイクロミニバラのミサキ、挿し木で増やしたものも、元の花も途切れることなく花が咲き続けています。

雨が少ないと 花にとって いいこともありますね。