友好の碑*イヌクシュクの石像

私のお気に入りの、桜とコブシと浅間山が見えるスポットへ。花はまだでしたが、大きな石像が建っていました。

あー、これがカナダ・ウィスラー市との姉妹都市提携20年を記念する石像なんだ。調べると3月19日に完成設置されたそうです。高さは2・5m、総工費630万2千円とのこと。

湯川ふるさと公園上流地区の整備事業の一つであるそうですが、誰もいない広場、この記念碑を見に来る方がいるのでしょうか???

ダイハツ ミラ Walk-through Vanで♪

けんちゃんがイエローハットに行くというので、一緒に乗っけてもらい御代田のツルヤでお買い物。車検通したばかりの彼の愛車ウォークスルーバン♪うちで乗ろうと思って買ったのに、いつも間にか横取りされたクルマです。

2人乗りの小さな箱車、工具満載、タイヤも積んでるし、脚立や寝袋まで、ここは彼のお部屋です。
御代田に着いてクルマから降りると、まん丸い月が見えました。満月は明日?

夜になってから「平成最後の小望月」を撮ろうと思い、ミラーレスに望遠装着して待機するも、雲に隠れて撮れませんでした。
明日の夜は曇り空っぽいし、「平成最後の満月」見ることができるかな?

浅き春の植物園

ふらっと町立の植物園へ。この季節に行ったのは初めてです。4月1日からオープンしているものの、咲いている花木は少なく、園内の春探し。

見落としてしまいそうな花もあり、、園内を散策していた見ず知らずの女性とお話ししながら一緒に見て歩きました。

町木であるコブシの花芽もだいぶ膨らみ、桜より早く咲くでしょう。
入園料をお支払いするときに受付で花の種をいただきました。今月いっぱいのプレゼントだそうです。家に帰って袋の中を見ると、キキョウ・オミナエシ・ヤマユリ・レンゲショウマの種が入っていました。GW明けたら種まきできるでしょうか。

ガラス鉢のリセット

ずっと気になっていたメダカのガラス鉢と、マリモの鉢をリセットしました。
水草は枯れて葉が落ち水面に浮かび、藻だらけになってしまった鉢。
すべて取り除いて、汲み置き水を足してお仕舞い。

これから暖かくなると水草の緑も復活していくでしょう。

群馬に行くと暖かい陽気についついお花を買ってきてしまいますが、このチューリップもそう。色にひかれて決めましたが、こちらはまだまだ寒い!とても土いじりをするような陽気ではなく、しばしビニールポットのままで楽しみます。
アネモネの開花もすすみました。

前橋*石窯パンf.Dijon(エフディジョン)

仕事で前橋まで。台数が多いので私まで車検要員に借りだされました。碓氷バイパスの途中の桜はやっと咲き始めた様子。
横川から安中の桜は満開、車窓からのお花見を楽しみながらの運転は楽しいです。

仕事終わりの帰り道、前を通るたび気になっていた石窯パンのお店があります。信号待ちで停まったのでハンドル切って駐車場へ。向かって右手に見える大きな石窯が目を引きます。

トレーを持って店内へ。うゎ、すごくたくさんのパンが並んでいます。それもそのはず、毎日100種類以上のパンが並ぶそうです。石窯で焼いたパンのほか、スイーツ系パン、総菜系パン、食パン、ライ麦パン、天然酵母のパン、プレーン系パン、サンドイッチ類などなど迷うなぁ。

こだわりはパンのメニューに応じて、日本製・ドイツ製・スペイン製の窯を使い分けて焼いているそうです。
店名の意味はフランスのパリとリヨンの間にある「美食の都ディジョン」とオーナーさんのイニシャルのfを組み合わせたもの。年中無休らしいので、この道を通ることがあれば寄っていこう。コーヒー頼んでいる方がいらっしゃったけど、気づかなかったけどイートインコーナーあるのかな???

小諸*そばとカフェ 凱

試走に出かける前の腹ごしらえ。小諸市にある「そばカフェ 凱」へ。おしゃれな外観や店内、女性のお客様も多いです。ひとりでも入りやすいお蕎麦屋さんですね。

ざるそばと、くるみのおはぎミニサイズをいただきました。蕎麦は細く長く、冷たくしまり、汁も初訪問、2回目、3回目の際には少ししょっぱく感じましたが、今回はとてもおいしかった。

お蕎麦屋さんを出た後は、道の駅 雷電くるみの里へ。しばらくご無沙汰していたら、店内のレイアウトも大幅に変更になっていて、とても買いやすくなっていました。

平成最後の雪?

天気予報通り、早朝から雪が降り始めました。10時過ぎには10センチほどの積雪に。大雪注意報も発令されて、今日はこのまま降り続けるかもしれません。
Rally Vitzをのぞき、他のはスタッドレスタイヤ脱いでしまいましたよ。

気温も上がらず氷点下、道路の凍結が心配ですね。場所によっては咲き始めた桜や梅にも雪の花が咲いたのでしょう。

冬に待ち望んだ雪は降らなくて、今日がいちばんの積雪とはね。

室内に飾った桃の花が咲き始め、ソメイヨシノは満開~散り始めとなりました。産直所でかわいらしいアネモネを買ってきたので、小瓶に挿しました。室内は春らんまんなのにね。

顔合わせのミーティング

ジーロ・デ・軽井沢スタッフミーティングを行いました。ミーティングといっても最初は顔合わせを兼ねた親睦会的なもの。お酒とおつまみを用意しました。

そのメニューの覚書です。
・豚肩ロース肉のしょうゆ漬け炙り、味玉
・手羽元のカレーグリル
・アボカドとエビの春巻き
・ちくわの梅しそ巻き
・明太白滝
・大根と水菜のサラダ
・ウドのフキ味噌和え
・花わさびのしょうゆ漬け
・塩豆腐 オリーブオイルとわさび添え
・五目炊き込みご飯

15人分なので作るほうは忙しかったけど、地元スタッフのほか東京や静岡、茅野や高崎からも来てくださったり、新メンバーも加わり、とても有意義なものとなりました。

また今後のミーティング、当日もよろしくお願いいたします。

白い花

東京は桜が満開、花冷えとは良い言葉ですね。
新元号も決定して、「平成最後のお花見」と騒いでいますが、ここ軽井沢では「令和最初のお花見」となるかもしれません(苦笑)。それぐらい寒い・・・。

最低気温は氷点下7度、日中も5度くらいまでしか気温が上がりません。

夜には真っ白な雪の花が咲いて、室内では桜の切り枝の白い花が咲き始めていました。 いただいた花わさびにも可愛らしい白い花。何本か飾って、あとはポン酢漬けでいただきます♪

春の味

花わさびが直売所の店頭に並んでいました。見つけると必ず買うほど。適当な大きさに切って、熱湯を回しかけ、ポン酢で浸すだけ。爽やかな辛みの春の味。

いちごジャムしか食べない方がいるので、ジャム用のいちごを見つけるとジャムを煮ます。とよのかいちご約1.8キロに対してグラニュー糖を500グラム。甘さ控えめ、形を残したジャムが完成。甘酸っぱい春の味。

フキノトウは常連さんが摘んで届けてくださいました。けんちゃんがバケツいっぱい採ってきてくれたフキノトウも併せてフキ味噌を煮ました。夕飯用に天ぷらも少し。ほろ苦い春の味。

パンの成形の時間と重なってしまって、天ぷらは けんちゃんが揚げてくれました。