季節のお仕事

スーパーや産直所に新生姜やらっきょうが並んでいます。梅は今年はヒョウの被害で収穫量が少ないそうです。梅ジュース作れるかな。
定休日前の特売価格で買いましたので、甘酢漬けを作りました。手間はかかるけど、絶対においしいと信じて( ´∀` )

ルバーブもお安くなっていたので、ジャムを煮ました。ヨーグルトにぴったりの初夏の味です。

バラの季節 その1

5月下旬からバラが咲き始めました。トップバッターはゴールデンボーダー。ブーケのように咲き、香りもあり、レモンイエローの花のグラデーションも可愛らしい大好きなバラ。今年は早めにオルトランを撒いたのでアブラムシがつかず良かった。

信州花フェスタの会場内には京成バラ園の出店もありました。その一角を覗いてしまったら、好みのバラと目が合って・・・さらに見ていると甲乙つけがたいバラもあって・・・。迷いに迷って「これが最後の一鉢だよ」の言葉にロマンティックレースという品種のバラを買いました。香りはないけれど花持ちがよいので、切り花にも向くそうです。

フタリシズカ

数年前に株分けしていただいたフタリシズカが咲きました。保険をかけて数か所に植えましたが、どちらも順調です。

大好きな小池真理子さんの小説『冬の伽藍』にこの花が出てきます。小説の中でも軽井沢に実在する荻原植物園、主人公の悠子がそこで買い求め、恋人とはまだ呼べないような関係の義彦先生に贈った花です。

フタリシズカの鉢植えを義彦に贈る場面の悠子の心理がよく表れていて、好きな一節です。

蘭でもなくベゴニアでもなく、水仙でもパンジーでもない、
フタリシズカ、という名の花を彼に贈る・・・
フタリシズカっていう花、今日どうしても先生に贈りたくなったんです。
先生の持っていらっしゃる静けさが、私を慰めてくれたから。




部品センターEXPO*阿部商会

暑くもなく、寒くもなく、どんよりした梅雨の曇り空、朝から埼玉へ。
自動車用の部品を輸入販売している阿部商会さんの埼玉部品センターにて、取り扱いブランドの展示、デモンストレーション、そして講習会がありました。

勉強会の内容としては、エアコン関連・FUCHS・バッテリーの講習です。10:30~16:00まで、休憩時間をはさみながら行われました。
1階の倉庫スペースではNocoバッテリーチャージャーやhpのドラレコ、Fuchsオイルなどの商品展示ほか、ルペスカーポリッシャーの実演、タイヤチェンジャー、エアコンガス回収機、先進運転支援システムの機器などなどの展示も。

担当社員さんの説明もわかりやすく、クルマに無知な私でも勉強になりました(笑)。

小諸図書館へ

久しぶりに小諸の図書館へ。梅雨の晴れ間、曇りときどき晴れのお天気。
ランチ用にサンドイッチとアイス・カフェオレを、PCとiPad、保険の試験用のテキストも忘れずに持って出かけました。

窓際の電源が使えるデスクに場所取り。サイトを更新してから、試験勉強。どうしてもテキスト広げると眠くなるので、雑誌を読んだり、市役所内をうろうろ。
お昼は天気も良かったので、隣接する相生坂公園へ。

ベンチに腰掛けランチタイム。小諸はバラがちょうど見ごろかな。

白雲木の花*中軽井沢駅

先週、白雲木の会で知り合った方がいらしてくださいました。東京でいち早く白雲木の花が咲くとラインで写真を送ってくださったり、親睦会のあとに顔を出してくださったり、そんなお付き合い。

会も辞めたし忙しくて忘れていたけど、もうそんな時期なんですね。残念ながら植物園の白雲木はまだ咲き始め、ほとんどが蕾の状態だったようです。その方が中軽井沢駅の白雲木の写真を見せてくれたので、私も撮りに行きました。

駅の完成とともに7本くらいの白雲木を植えてもらいました。ここ数年は毎年咲いていますね。葉っぱの小さいコハクウンボクだという方もいらっしゃいますが、私にはよくわかりません。

万平ホテルの花はどうかな?と行ってみましたが、今まで植えられていた場所にはありませんでした。花が散った跡もなく・・・。昨年まではあったのに・・・。フロントで訊いてみましたが、庭を管理しているのは別の者なのでわからない、と言われました。興味がなければ確かにそうですよね。

軽井沢警察署にも1本あるのですが、G20の会合を控えて署内はパトカーだらけ。写真を撮っていても、職質?声をかけられるので止めました。

昨年の万平ホテルの花の様子

紫陽花

一昨日、関東甲信地方も梅雨入り。今日は梅雨らしく、シトシト雨降りの一日です。

友人のお母さまが中軽井沢にハンドメイド雑貨や、セレクト商品、こだわりのジャムの販売をされる小さなお店をオープン。お母さまのイメージで紫陽花の鉢植えとバラの花を贈りました。

購入したお花屋さんのサービスで、ピンクの紫陽花の鉢植えをいただいてしまいました。先月も鉢植えの紫陽花をいただいたのですが、そろそろ花も終わりに近づいていたので、バッサリと切り落とし、小分けにしてあちこちに飾りました。

ピンクの紫陽花も室内に飾りたくて、2枝ほど切りました。花が終わったら紫陽花の挿し木にも挑戦してみようかな。

ヤマボウシ

ミズキ科のヤマボウシが咲いています。10年位前になると思うのですが、ご近所さんにヤマボウシの苗木をいただきました。うっすらと緑色のヤマボウシ。

大きな鉢に植えたままで、水やりも肥料も何一つお世話をしていませんでした。
毎年、葉っぱがわさわさと出てくるものの、花が咲いたことがありません。
しかし、今年になってやっと10個くらい花を咲かせました。

白いヤマボウシと比べると色の違いが判ると思います。秋には赤い実をつけるのでしょうか。

水草と新入りメダカ

外鉢のメダカが2匹になってしまいました。この気温上昇でも卵を付けている様子がないので、追加で白メダカを仲間入り。一緒にホテイアオイも購入しました。

メルカリでも浮草を買って、外鉢とガラス鉢に入れバラも投入、華やかなメダカの鉢になりました。
ミナミヌマエビは2つの鉢で抱卵中です。

信州花フェスタ2019*信州スカイパーク

4月25日から6月16日まで開催中の、信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~へ行ってきました。
メイン会場は松本のスカイパーク、長野県松本平広域公園ですが、ほかに3か所のサブ会場、近隣市町村によるサテライト会場があります。

松本までは約2時間、新和田トンネル有料道路経由で行きました。
スカイパークの真ん中に信州まつもと空港があり、サンプロアルウィンほかスポーツ施設や会議場、宿泊施設などがあるようです。

最初にバラ園から周ることに。パンフレットには74種4200株のバラが咲き誇ると記載してあったので期待していましたが、バラはまだ咲き始めたばかりでした。会期中に見ごろを迎えるか微妙ですね。

広い園内を歩いて奥へ進みます。メインゲートではフラワーウォールが出迎えてくれました。地域のPRガーデン、絶景の北アルプスの花の丘、寄せ植えの芸術、菜園やナチュラルガーデン、様々な趣向を凝らした庭めぐり。
ドーム内ではサボテンのインスタレーションや、いわさきちひろさんの作品と花の展示や、物販などのコーナーがありました。

近くに住んでいれば他の会場へも足を延ばせたのに、一度行っただけではとても周りきれませんね。