バラの二番花

8月になりました。今月の北野画伯のカレンダーの絵は、スフィンクスです。カレンダーの前には、父が好きだったグラジオラス。

関東甲信越地方も梅雨明けとなったそうです。3時過ぎになって陽が射してきましたが、午前中はどんより。また雨が降りそうな空模様でした。

6月、毎日楽しませてくれたバラも、やっと二番花が咲き始めました。

昨年ほどの勢いがないように感じます。これもお天気のせいでしょうか?

セダムの花とナメクジ退治

雨が多くて梅雨明けしないと、花にとってもよくない季節が長引くだけ。セダムの類もひょろひょろと伸び放題。カラッとした天気が続くようになったら、カットしてお手入れが必要かもしれません。

先日小さな花が咲いているのを見つけました。かわいいな、と思い写真に撮ると別の場所にナメクジ発見!セダムが食い荒らされている部分も。急いで取り除きましたが、食べられた部分は思い切って処分しました。多肉植物に害虫被害が及ぼすなんて知りませんでした。これも雨の仕業でしょうか。

アジサイとアナベル

バラに代わって咲き始めたアジサイの花。アナベルと呼ばれる品種も人気のようで、庭花として植えられているお宅も多いです。

ライムグリーンからアイボリーへ、色の変化やその存在感も人気のひとつかも。ドライフラワーでの楽しみ方も。

近所の公園のアジサイとヤマアジサイ。

昨年いただいた鉢植えのアジサイ、今年もきれいに咲いてくれました。挿し木は失敗しちゃったので、また今年リベンジしたい。

散策*ルグラン軽井沢ホテル&リゾート

レイクガーデンを出た後は、ルグラン軽井沢ホテル&リゾートへ。ここも昨年この季節にバラを見に行き、年々グレードアップしている庭が楽しみでした。

営業さんがいらっしゃるようでしたのでお呼びだてし、中庭~ホテルエントランス、教会へ続くガゼボなど、ぐるっと案内していただきました。

バラも昨年よりは大きく成長して、また数も種類も増えました。鹿に花芽を食べられてしまった植物も。鹿よけの電気柵を設置してあっても、どこからか入り込んでしまうようです。

これからの季節はアナベルが見事でしょうか。

トップローズシーズンのガーデンへ

今回ご褒美の万平ホテルへ宿泊する日を決めたのは、バラを見に行く目的もあったので、6月の下旬にしました。
心配だったのは雨に降られてしまうこと。梅雨の真っただ中ですが、1週間前から天気予報を頻繁にチェックしていました。

起きた時はまだ小雨が降っていましたが、朝食を食べながら外を見ると雨もすっかりあがって時折り陽射しも射しています。傘をささない程度に歩ければヨシ。

雨後のバラが回復するのに少し時間がかかるらしいので、10時過ぎにチェックアウトし軽井沢レイクガーデンへ。ここは何度訪れても、ガーデンの入り口からテンション上がるすてきな場所。この時期は町民割引もなく1500円の入園料です。

バラ以外の宿根草も見事、手入れされたガーデンを歩くのは気持ちがいいです。周りの景色もさらにバラを優雅に魅せている。初めて来た友だちは感激していました。写真何枚撮ったんだろう(笑)。個人的には多肉植物のタワーが興味深い。雨にも寒さにも強い多肉植物ならマネできるアイディアです。

もう一周しても良いくらいだったけれど、次の目的地もあるので移動します。